【マンガでわかる!】「紹介予定派遣」で憧れの正社員にチャレンジ!

 

主人公の小川さんは、新卒で正社員として入社したものの、仕事が合わず辞めてしまった過去がありました。元々自己アピールが得意ではないため、面接でうまく話せる自信がなく、その後は派遣社員として仕事をしていました。
でもやっぱり「正社員としてはたらきたい」という気持ちがずっとあって…思い切って派遣会社の担当営業の女性に相談をしてみました。

 

すると営業さんから紹介されたのは「紹介予定派遣」というはたらき方。耳にしたことがある方もいるかと思いますが、小川さんは初耳のようでしたね。ここで簡単におさらいしてみましょう!

 

紹介予定派遣とは、派遣先企業への直接雇用を前提に派遣されるはたらき方です。一定期間(最長6か月)派遣スタッフとして就業したのち、直接雇用としての契約を結ぶかどうかを、派遣スタッフ・企業がそれぞれ検討し、双方の合意が得られれば直接雇用となります。

 

「安定して長く勤めたい」という気持ちで、正社員・契約社員などの直接雇用の仕事を探す方も多いかと思います。紹介予定派遣なら派遣として就業しながら、「長く勤められそうかな」「自分に合う職場かな」などを見定めることができるため、安心して就業することができる人気の雇用形態です。

 

しかし直接雇用が前提となると、派遣先でもある程度の選考も必要です。紹介予定派遣は通常の派遣とは異なり、派遣就業前に派遣先による書類選考や面接が認められています。

 

マンガの主人公・小川さんも、履歴書の作成や面接が苦手…と言っていましたね。(というか、得意な方より苦手な方の方が多いのでは…という気もしますよね)

直接雇用の仕事に応募する場合でも、履歴書作成や面接は避けて通れないプロセスかと思いますが、紹介予定派遣の場合は、派遣会社が書類作成のアドバイスや面接対策など全面的にバックアップしますので、苦手な方でも安心して進めることができます。

また緊張しがちな面接も、派遣会社の営業が同席しますので、安心して臨むことができます。

 

こうして小川さんは、苦手な書類選考・面接を経て、無事派遣として就業を開始。
「正社員としてはたらきたい!」という想いから積極的に業務に取り組みます。そしてその頑張りが派遣先からも評価され、6か月後無事に正社員登用されました。よかったですね…!

小川さんの今後の活躍にも期待したいですね。

 

このように紹介予定派遣は、書類を作ったり、面接対策をしたり、企業側での選考もあったり…と、通常の派遣と比べると就業開始まで多少時間と手間がかかります。しかしゆくゆくは正社員・契約社員などで安定してはたらきたい、仕事の幅を広げたいなどの目標があるのであれば、チャレンジしてみる価値はきっとあると思います。

 

漫画の主人公・小川さんのように、ぜひ派遣会社の力も借りながら、ご自身のキャリアのために一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

サギョチェキ!で、パーソルフィールドスタッフの紹介予定派遣の仕事を探してみる