たった2年で様々な人との出会い、
様々なことを学び、
そしてたくさん成長する機会がありました。
人として確実にステップアップ
できている気がします。

新宿オフィス クライアントサービス
2018年 新卒入社

吉田 夢菜

パーソルフィールドスタッフに入社した理由をおしえてください。

パーソルフィールドスタッフに入社した理由をおしえてください。何が決めてになって入社しましたか?

私の就職活動は迷いが多く、実は長期間活動をしていました。
その中でも自分自身で就職活動の軸にしていたのが、「モノではなくサービスを提供する仕事をする」ということです。
サービスというあいまいな形のないものを提案するということは努力次第でどの様にでもなれますし、人としての成長も出来るのではないかと考えていたからです。
それをもとに様々な企業を見てきましたが、その中で一番就活生に寄り添ってくれた印象があるのがパーソルフィールドスタッフでした。
説明会や面接だけでなく、より会社のことが分かるようにと先輩社員との面談の場を設けてくれました。
先輩社員の方との面談中も自分自身の不安をうまく説明できない私に嫌な顔ひとつせず対応していただいたのが決め手となり、「ここで働きたい!」と不思議なくらいに迷いや不安がなくなったのを鮮明に覚えています。

担当業務をひと言でいうと何ですか?

企業とパーソルフィールドスタッフの派遣スタッフの方双方の支援を一貫して行っています。
具体的には、人手不足の企業や既に取引をしている企業の人材に関する悩みを伺い解決できるよう日々動いたり、継続的にご就業いただけるように派遣スタッフの方との定期的な面談やフォローを行っています。
もちろん企業のニーズや派遣スタッフの方の要望が必ずしも顕在化しているわけではないので、誰と話すにしても注意深くヒアリングを行うようにしています。
そんな日々の中で、自分の行動が誰かの役に立ったと感じた瞬間にやりがいを感じます。

以前、難易度の高い業務のお仕事に就いて頂いた派遣スタッフの方の面談を行った際に、継続的な就業を迷っていましたが、「吉田さんがサポートしてくれているからもう少し頑張ります!」と言って頂けたことがありました。
その時に自分の行動は間違ってなかった、役に立てて良かったとこの仕事にやりがいを感じました。

パーソルフィールドスタッフの社風、企業風土を教えてください。

パーソルフィールドスタッフの社風、企業風土を教えてください。ひと言でいうと○○。そしてその理由や、エピソードを具体的にお願いします。

パーソルフィールドスタッフは家族みたいな会社です!個性豊かな先輩方がたくさんいます。
社長との距離感も近いです。
私個人の意見としては、所属しているオフィスに親や兄弟がいて、他のオフィスに親戚がいる感覚です!
近くにいる先輩方は入社当初から今も変わらず困ったときはすぐに助けてくださいます。
最初のころは「失敗しても大丈夫」だと言ってくださったことで、思い切って行動することができました。
また、他のオフィスにいる方々もお会いするたびに気にかけてくださいました。
とてもうれしかった出来事としては、一年目の頃に初めてのアポイント獲得・初受注・初成約をした際、オフィス全体から拍手をしていただき、更には先輩の発信で全社にメールを流していただき各所からおめでとうという言葉をもらえた事です!
パーソルフィールドスタッフの一員として認められたような感覚になり、とても自信になりました。

日頃から心がけていることを教えてください。

常に相手の立場になって考えるということを心がけています。
「これを言ったら相手はどう感じるだろう?」、「相手は何を求めているだろう?」などと行動の全てが自分本位にならないよう気を付けています。
知識や経験値が増えれば増えるほど、提案する際に上から目線になったり、意見を押し付けたりしてしまいがちです。
私たちのお仕事は「人」がいてすべてが成り立っていると思っていますので、その根本的なところを大事にしないとお客様からの信頼や派遣スタッフの方からの信頼、社内においての信頼関係にも関わってくるのではないか…と入社してからの日々で実感しました。
また、日頃から心がけているおかげで、私生活での人間関係においてもずいぶんと活かされています!
仕事での学びが私生活にも影響し、入社してから少しは人としても成長できたのではないかと感じているところです!

3年後、どんな自分になりたいと思っていますか? 

3年後には今よりもっと後輩ができていると思います。
今のうちに経験を積んで、たくさんの事を後輩に伝えられるようになりたいです。
お客様や派遣スタッフの方はもちろんですが、育成に携わることでパーソルフィールドスタッフにとっても必要とされるような存在を目指しています。
その理由は誰かの役に立てたり、支援をすることにやりがいを感じる性格だからです。
就職活動時に立てた軸は今もぶれていません。
2年目に教育担当という役割をいただき、育成することの難しさを実感しました。
それと同時に学ぶことも多く、一緒に成長していける相乗効果もあると感じました。
まだ今の時点ではまだまだ足りないところだらけなので、日々勉強をしつつもっとチャレンジ精神をもって仕事に取り組みたいと思います。

学生へのメッセージをお願いします。

就職活動はすごく大変で、悩むことも多い時期だと思います。
ですが、自分と向き合うとてもいい機会だと思いますので是非じっくり考えてみてください。
そして自分が今までやってきたこと、勉強してきたことに自信をもってください。
関連性がなさそうなことも仕事をしているとどこかで活きる瞬間があります。
今は「就職すること」が一番大事なように思えるかもしれませんが、私は「就職した先でどのように過ごすか」でいくらでも良い社会人生活が送れると考えています。
パーソルフィールドスタッフへの就職を考えている皆さん、パーソルフィールドスタッフでは様々な人と出会い、学び、挑戦する機会がたくさんあります。
後悔のない就職活動をしていただき、願わくばパーソルフィールドスタッフに来てくれたら最高にうれしいです!