「雇用の創造」をすることで、
自分が社会に
大きく関われていることを
日々実感しています。

千葉オフィス クライアントサービス
2018年 中途入社

山口 拓也

パーソルフィールドスタッフに入社した理由を
教えてください。

なぜパーソルフィールドスタッフに入社しましたか。前職の仕事の話も含め、どこに興味を持って入社したか教えてください。また、入社後の印象も教えてください。

数ある人材派遣会社の中からパーソルフィールドスタッフに入社を決めたのは、前職での経験の中で、 モノづくりの「現場」の管理業務や、現場作業なども多く経験していたので、非常に身近に感じ、これまでの経験も活かせると思ったからです。
転職サイト「doda」を通じて転職活動をしていたのですが、その時仕事を紹介してくれたキャリアアドバイザーがとても親切で、輝いて働いていたのが印象的だったのも大きな決め手となりました。
パーソルグループのパーソルフィールドスタッフなら自分も輝いて働けるかなと思いましたし、今ではその方といつか一緒にお客様に対して提案できる日が来るかもと密かに楽しみにしてます。
実際パーソルフィールドスタッフに入社してみると、想像していた以上にキラキラしてる人が多かったですね。
生き生きと仕事している人ばかりで最初は圧倒されましたが、研修の機会も多く設けられている会社なので、業務上はもちろん人間的にも成長できるなと楽しみになったのを覚えています。

どんなところで、自分の成長を感じましたか?

お客様の人材に関する相談を1番にいただけた時はこの仕事を通じて成長できているなと感じる瞬間です。
「まずは山口さんに話をしてみようと思った。」のお声掛けをいただけたときは最高に嬉しいです。

前職とは、営業活動の手法や目的がガラッと変わりました。
モノを売る営業だったのが、お客様の需要を発掘する・お悩みを聞くという営業に変わり、入社当初はそれはそれは戸惑いました。
モノがあってこその営業ではなく、ある意味では自身をPRするような営業なので、最初のうちは新規のお客様訪問では会話が続かず、自社のサービス説明も満足にできず沈黙してしまい、落ち込むこともありました。
同行していただいてるマネージャーや先輩にフォローしてもらったり、ロールプレイング練習に付き合ったりしてもらうことで、今では新規のお客様相手でも自社のサービス説明・提案・世間話なんでもどんとこいです(笑)。
どうしたらお客様の為になるか、常に考えられるようになったので、入社時と比べると自分の成長を実感してますね。

今までで一番やりがいを感じたことはなんですか?

今までで一番やりがいを感じたことはなんですか?それはどんな場面、状況でしたか。

この仕事のやりがいは派遣スタッフの方の就業スタートが決定したときだと思っています。
つまり、パーソルフィールドスタッフを通してお仕事が決まった派遣スタッフの方がいる、抱えている課題が解決したお客様がいる、そして自分の成績となって評価される。(笑)
雇用の創造という言い方は決して大げさではなく、社会に大きくかかわっているんだなと実感できます。
加えて就業していただいている派遣スタッフの方にお会いした時、「この仕事で良かったよ」と笑っていってくれれば心底感動します。
人生の大半は仕事してますからね。その人の大部分を仕事紹介という形でいい方向に演出できてると思うと嬉しいです。

今まで一番大変だったことはなんですか?
また、それをどうやって乗り越えましたか?

最初は法律の知識を覚えるのにとても苦戦しました。
この仕事ではあらゆる法律やルールが複雑に絡み合っており、働き方も多様化してきている現代で、企業様、派遣スタッフの方双方から法的に問題ないかなど問い合わせも非常に多い状況です。
入社して間もないころは、お客様やスタッフの方に質問されてもたじろぐばかりで。。。
もちろん、間違って答えられないので一度持ち帰って社内で確認して回答をしていました。
覚えなければいけないことばかりで自分に務まるか不安だった時期もありましたがマネージャーや先輩方の手厚いのサポートで何とかお客様、派遣スタッフの方に満足頂ける対応ができるようになったと思っております。
パーソルフィールドスタッフはサポート環境がばっちりで、座学の法務研修があることははもちろん、オフィスの先輩メンバーに聞いてもしっかりと教えてくれます。
法対応のご説明の為お客様へ訪問することも多いのですが、マネージャーの同行もあり安心してチャレンジできました。

今、仕事をする上で大切にしていることは何ですか?
また、3年後、どんな自分になりたいと思っていますか?

どうしたら相手のためになるかを常に考える様にしています。
困っていることはないか、それは何か、解決するためにパーソルフィールドスタッフとして何ができるか等々。
特に派遣スタッフの方には就業がスタートしてからも長期で安定して仕事を続けて頂きたいので、こまめに対面して話を聞きます。
様々な相談ごとに対して耳を傾け漏れなくお話を伺って、いかに寄り添えるかが大切だと思っています。
今後もお客様、スタッフへ寄り添うことはしっかりと継続して、誰からも頼られる存在になりたいです。
将来的にはオフィスのリーダー、マネージャーを目指したいですね。
お世話になっているマネージャーの皆さんが、自分の考えや成すべきことを語れるマネージャーなので憧れています。
自分が成長できているのはマネージャーのおかげなので、自分も部下や後輩の成長の手助けになれるような存在になりたいです。

転職者や学生へのメッセージをお願いします。

自分のやりたい仕事をしっかりイメージできることが大切だと思います。
私は学生時代、文房具に携わる仕事がしたいと思い就職活動をしていました。
パッと思いつくのは文房具を造っているメーカーですが、他にも、実際に店頭で販売する専門店・小売店や、お客様に届ける商社などたくさんの携わり方があります。
文房具を特集してる雑誌の編集者とかもありますよね。
その中でも営業、開発、広告といった職種もあったり。
これがやりたいということだけでなく、「どこで、どんなふうに携わるか」というところまで突き詰めて自分が働くイメージを想像できると、もしかしたらこれまで知らなかった自分の志向が見えてくるかもしれません。

ゴールを決めたらあとはそのためにどうするか考え、行動するだけです。
企業研究とか自己分析とか大変ですが、悔いのないよう走り抜けてください!
転職するならパーソルグループを通して活動をするのもお勧めです。
私にとってのパーソルフィールドスタッフの様な、自分の成長が日々実感できる素敵な会社に出会えますよ!