100人いれば100通りの
考え方や感じ方、そして想いがある。
求職者の一つひとつの言葉に耳をかたむけ、
少しでもその方と同じ世界が見えるよう、
寄り添う気持ちを大切にしていきたいと
思っています。

埼玉コーディネートセンター 
コーディネーター
2015年 中途入社

高橋 碧子

今の仕事について聞かせてください。

パーソルフィールドスタッフに入社した理由をおしえてください。何が決めてになって入社しましたか?

人材コーディネーター職です。
企業と求職者を結ぶ架け橋のような仕事です。
具体的に言うと、「こういう人材がほしい」と考えている企業のニーズを把握して、「こういう仕事がしたい」と考えている求職者の方、パーソルフィールドスタッフの登録者の方に仕事のご案内をしています。
コーディネーターの第⼀のミッションは、派遣スタッフの希望やこれからのキャリアビジョンを把握した上でお仕事のご案内を的確に⾏い、スタッフの方と企業、両方のニーズにお応えしていくことです。
その為には登録スタッフの⽅との⾯談で、経歴・働き⽅・キャリアビジョン等の現在のみならず将来の希望もヒアリングします。また営業との打ち合わせで企業ニーズ・登録スタッフの情報共有や、スタッフの⼈選、企業へのスタッフ紹介、職場⾒学の設定や派遣後のアフターフォローもコーディネーターにとって大切な仕事になります。

今までで一番やりがいを感じたことは
なんですか?

ある求職者の方の登録面談を担当させていただきました。
ご家庭の事情があり仕事のブランクが就職活動のネックになっている方でしたが、ご本人の「再度仕事につきたい」「自分の存在意義を働くことを通じて実現したい」という熱意に打たれ私は「この求職者の良さをしっかりと企業側に伝えて、絶対に再就職してもらいたい!」と強く思うようになりました。
まずは求職者の方に信頼して頂ける様、「この人であれば言いずらいことも話をしておこう」と自分にとって不利な事も隠さず伝えていただける様に努めました。企業担当の営業とも、人材紹介の面接対策として“強みと弱み”を整理するための打ち合わせを何度も行いました。結果、求職者の方は自信を持って面接に臨む事ができ、無事採用が決まりました。
このときは本当に自分の事の様に嬉しかったです。
これがこの仕事の醍醐味なんだと強く感じた瞬間でした。         

日頃から心がけていることを
教えてください。

全て具体的なエピソードを交えて教えてください。

私たちの仕事は、チームワークが必須だと考えています。
クライアントサービスとコーディネーター、アシスタントの各々が同じ情報を共有し、常に同じゴールを目指します。
オフィスによって人員構成はまちまちですが、現在は新しいメンバーが多いオフィスで、今年の新卒、入社2年目の方、同業他社を経て最近中途入社をした方と一緒に仕事をしています。年代もバラバラですが、皆それぞれのバックグラウンド、価値観、思いや考えがありながらも団結力はとてもあると感じています。当然メンバー間の意見が食い違う時もありますが、「他の意見を知る良い機会だ」と、楽しみながら仕事を進めていけるよう、心がけています。
オフィス内で議論する時もあります。
そんな時には、その人にあったコミュニケーションを考え、相手にとって適切で心地のよい会話を心がけて、より良い選択を創造できるように努めています。

3年後、どんな自分になりたいと思っていますか? その為にチャレンジしていることはありますか?

この3年は、会社以外での自分の時間を利用し、いくつかの資格取得を目指そうと思っています。最近では「産業カウンセラー」の取得のため、講座を受講しています。講座に毎週日曜にフルタイムで時間を割くのは、家庭との両立も含め生活に工夫が必要になりましたが、会社以外のまた違った出逢いを楽しんでいます。勉強を始めて半年ですが、上長に「面談でのヒアリング内容が深くなったね」と仰って頂けた事がとても嬉しく、励みになりました。
来年以降には「キャリアコンサルタント」の資格を取得し更に自身のスキルを磨きたいと思っています。
そして誰かにとって影響力のある存在になれることが、今後の私の目標です。

学生へのメッセージをお願いします。

就活中には「自分は何がやりたいのか」「自分には何ができるのか」この狭間で悩むこともあると思います。短期間にたくさんの人と会って話ができる機会でもあるので、思いっきりアグレッシブに動いて、就職活動を「辛い」とか「困難だ」と思わず、今だけできる貴重な経験だと考え、楽しみながら過ごしてください!