最初は小さな目標でも構わない。
オフィスのメンバーには自分で
決めた
目標をクリアして達成感と
自己成長を
感じて欲しいと
思っています。

大宮オフィス マネージャー
2008年 新卒入社

酒井 達也

パーソルフィールドスタッフに入社した理由をおしえてください。
何が決め手になって入社しましたか?

パーソルフィールドスタッフに入社した理由をおしえてください。何が決めてになって入社しましたか?

パーソルフィールドスタッフへの入社を決めた理由は以下の3つです。

「人が好きであること」

人には意思や感情があり、それを声や身振り、表情などによって表します。
私は相手と向き合って話をすることで、何を考え、何を思っているかを知ることに喜びを感じてきました。そして就職活動を通じて、そんな人と人を結びつける仕事、人材ビジネスの存在を知り、そのやりがいに魅力を感じて人材業界を選びました。

「日本のものづくり産業の支援」

会社説明会で日本が築き上げたものづくり技術を人を通じて支援していると聞き、仕事を通じて人と技術を結びつけ企業の業績向上や日本の技術発展貢献し、なおかつ社会貢献度の高い仕事だということに非常に惹かれ、パーソルフィールドスタッフに入社することを決めました。

「アットホームな雰囲気」

就職活動の不安や、これからの社会人としての不安を抱えていた学生時代の私に、パーソルフィールドスタッフの社員の皆さん達が自分と同じ目線、気持ちになって説明会から温かく受入れてくれました。その温かさに魅力と安心感を感じ、入社することに決めました。

今まで一番大変だったことはなんですか?
また、それをどうやって乗り越えましたか?

大変だったのは、入社して直ぐに起きた、世界的大不況リーマンショックの時ですね。
あの時は取引先企業へ足を運んでも、新たな人材の需要は無いですし、スタッフの契約終了も増え、営業したくても訪問機会すら与えられない状況がありました。

そんな中、今後の不安ばかりを考えていた私とは違い、自分たちがやるべき事、やらなければいけない事にブレずに取り組み、前向きに仕事をする先輩達の姿を目の当りにしました。
経営層も先輩社員たちも、就業を続けたいと考えているスタッフのために企業へ足を運び、熱心に交渉を続けている姿に、忘れかけていた「人と人を結び社会貢献をすること」、「仕事を通じて人の役に立つこと」を改めて考えさせられ、今自分が出来る事は何なのか考えさせられました。あの時の気づきがあったからこそ、困難なことが起こっても前を向いて周りを巻き込んで進んでいける自分が、今ここに居るのだと思っています。

MGRになったことで何か変わりましたか?
自分の成長を感じる時はどういう時ですか?

全て具体的なエピソードを交えて教えてください。

MGRになって思うことは部下の成長こそが、私自身の成長だということです。

昨年・今年と2年連続、新卒社員が配属された際、「これからの夢や目標」、「自分のなりたい姿」についてたずねたところ、自分のビジョンをまだ明確に描けていないメンバーが多いと感じました。
そのため、まずは夢や目標を持つことの重要性を伝え、自分なりに夢や目標を決めてもらいました。
自分で決めた目標をクリアして達成感と自己成長を感じて欲しい、その為にプロセスを細分化、達成可能なスモール目標を日常的に取り入れました。
個別目標の設定やその進捗を追っていくコミュニケーションを通じて年齢や性別、職種や社歴に関係なく、関わっているオフィス全員の成長を感じています。

MGRの役割は、人を介して目標を達成・実現させることだと思っています。
それには部下との信頼関係が重要ですし、現在の部下はもちろんのこと、この先異動や転勤によって、オフィスやチームの体制が変わる事があっても、自分で考え、行動を模索し、実行できるような人材を育成していけるよう、自身も管理者として更に成長していきたいです。

今、仕事をする上で大切にしていることは何ですか?
自分自身のことや、誰にとってどういう存在になりたいですか?

人材業界は、市場の動向や法律の影響が強く、外部要因に左右される事も多いと感じています。
そして今後は、更なるマーケット変化やあらゆる技術進化が進み、人材業界に求められる事も想像以上に多様化、複雑化してくのではないかと思っています。現場で働く私たちの働き方や、「はたらくこと」そのものに関する考え方にも、当然変化が求められると思っています。
しかし変わってはいけないのは、周りの「人」への思いです。それは、取引先企業やスタッフの方だけではなく、一緒に働く上司・部下、そして家族・友人といった、私の身の回りにいる全ての「人」への尊敬と感謝の気持ちを今後も忘れずに大事にしていきたいです。
そして、パーソルフィールドスタッフが「人」から感謝され続ける会社・人の集まりでありたいですし、それが私たちの存在価値だと思っています。

学生へのメッセージをお願いします。

夢や目標を持ち、それを人に言葉で伝え語れる社会人になって欲しいなと思います。
自身がやりたい事、実現したい事に関しては妥協せず、それを叶えるために、たくさんの努力をし、まずは挑戦してみてください。時には失敗する事もありますが、それを乗り越えるために、沢山悩み、考えてください。そうすると成長できるし、充実した社会人生活が送れると私は思っています。

今は夢や目標が決まっていなくても大丈夫です。これから一緒に悩み、考えてくれる仲間をぜひパーソルフィールドスタッフでみつけてください。