「どんな些細なことにも気づく」
そんな武器を活かして
お客様に最適なご提案を心がけています。

藤沢オフィス クライアントサービス
2018年 中途入社

岩井 一真

今の仕事について聞かせてください。

今の仕事について聞かせてください。担当業務をひと言でいうと何ですか?それはどのような内容ですか。

「人」に関するお困りごとを解消する為の提案営業を行っています。
各企業様で日頃悩んでいることや、疑問に感じていることで様々なご依頼をいただきます。
そのような、ご依頼の内容を一つ一つ紐解いて、何が企業様で一番のメリットとなるかを、多方面から提案しています。
まずは、どういったことで現在困っているのか。
それが解消されるには、どういった条件をクリアしないといけないのか詳細をヒアリングします。
ヒアリングした上で、次は何が一番適したサービスなのか、なぜそのサービスが企業にとってメリットになるのかなどを納得いただけるように提案します。
提案がまとまってからも、それを社内に持ち帰ってコーディネーターに伝え、その後しっかりと決定するまで進捗管理をするのが営業の重要な業務になってきます。
派遣スタッフの方がご就業を開始した後は、もちろん気持ちよく業務を行っていただくためのフォロー活動も私の大切かつ重要な仕事になります。

前職は何をしていましたか?
前職の仕事が活かされている場面はありますか?

前職では、食品メーカーでは営業を行っていました。
食品に関わる商品の提案をしていたので、誤った提案や手配が無いよう、1つ1つを入念にヒアリングしていく必要がありました。
お客様の課題は十人十色です。
それを解消する為に、少しでも気になることがあった際は、しつこい位に確認する癖がついています。
また、細かなことも関連部署と連携を取り、物事を円滑に進めていくことも求められていましたので、社内での連携はもちろん、お客様との連携(場合によっては複数部署)をとり、準備を入念に行うことも前職を通して身に付いていると思っています。

今の仕事は営業1人だけでなく、お客様、派遣スタッフの方、コーディネーターと密に関わり合って仕事が進んでいきます。
前職で身に着けた関係構築をする力をもっともっと発揮していきたいと考えています。
そして、どんな些細なことでも、そこから話を広げていくと、それが答えになったり、時にはコミュニケーションを取る為の材料になることもあります。
人と企業をつなぐ仕事を行う上で、「どんな些細なことにも気づく」という武器は今の仕事にも十分活かせていると感じていますし、もっともっと色々なことに気づき、更に活躍していきたいです。

パーソルフィールドスタッフの社風、企業風土を教えてください。

パーソルフィールドスタッフの社風、企業風土を教えてください。ひと言でいうと○○。そしてその理由や、エピソードを具体的にお願いします。

社員を大事にしてくれる社風だと思います。
中途入社の私にもオフィスメンバーの先輩が、忙しい中私のスキルアップの為に先輩方が時間を割いてくれます。
オフィスメンバーでの情報共有の場とは別に、入社したての頃に私の為だけにミーティングをしてくれることは、1度だけではありませんでした。
その中で、分からないことがあればお客様の課題解決について一緒に考えてくれることもありました。
そんな環境から、社歴や年齢に関係なく教え合う関係が出来ていると感じました。
また、プライベートでも一緒に時間を過ごしてコミュニケーションを取ることもあるので、気兼ねなく相談しやすい雰囲気です。

リフレッシュ方法を教えてください。

休みの日は、外出をする際は友人と食べ歩きをすることが多いです。
美味しいお店を見つけたときには、仕事での話のネタにもしています。
次の休日にはどこに行こうということを考えたり、友人と計画をしていると、メリハリもついて仕事へのモチベーションアップにも繋がっている気がします。
また、最近は自分でも美味しい物を作ろうと、料理を始めました。
レシピの分量通りに計量しないと気になってしまうので、目分量でサッと料理が出来る料理男子に憧れますね。
我ながら細かい性格だなと思いますが、これはすぐには変えられないですね(笑)

今、仕事をする上で大切にしていることは何ですか?
また、3年後、どんな自分になりたいと思っていますか?

仕事をする上で大切にしていることは視野を広く持ち、周りに気を配れるようにすることです。
コミュニケーションを取る際に、相手に興味を持ち、気付きがなければ関係性を深めていくことは出来ないと思います。
また、3年後は後輩や部下など一緒に業務を行う仲間の成長を後押し出来るようような存在になりたいと思っています。
過去の経験で一番喜びを感じられたのが、私が実際に教育担当を任されていた後輩が、私以上に活躍する姿を見られたときでした。
その時は悔しくもありましたが、心の底から嬉しかったのを今でも覚えています。
もちろん、営業成績はその後きちんと取り返しましたよ(笑)
そんな経験から、今ではパーソルフィールドスタッフの仲間同士助け合う環境の中で、後輩だけでなく多くの人の成長に携わっていきたいと感じるようになりました。
その為には、まだまだ自分自身が力不足だと感じることも多々あります。
日々勉強しながら成長しつつ、自身の成長が多くの人の成長に繋がるようにこれからも頑張っていきたいです。

転職者や学生へのメッセージをお願いします。

就職活動は、自分自身の成長に繋がる第一歩だと思います。
その中には、落ち込んでしまうことや挫折を味わうこともたくさん出てきます。
しかし、それはまだ自分は成長できる機会があるという裏返しでもあると思います。
これから様々な企業を見ていく皆さんは、現在の自分は何が出来るかだけでなく、どんな仕事であれば将来成長した自分をイメージ出来き、自分の可能性が広がりそうかを検討してみてください。
少しでも成長したと感じたり、可能性が広がったと思えた仕事であれば、胸を張って頑張れていると感じることが出来ると思います。
自分のために諦めず、最後まで頑張ってください。